変幻自在!?パンツの太さで変わる着こなしと印象の違い


細目パンツ(スキニー~テーパード)

清潔感があってスタイリッシュな着こなしは常に人気が高いと言えます。そんな着こなしを実現するのに活躍するのは間違いなく細めパンツです。一口に細めと言っても、肌にぴったりとくっつくほどの細いスキニーから、太ももから裾に向かって徐々に細くなるテーパードなど、いくつかの種類がありますが、いずれも「綺麗目アイテム」に分類されているのは同じです。履くだけでカッチリとした印象をもたらしてくれます。

ただし、最も細いタイプであるスキニーは、どちらかというと20代の若者に支持されやすいパンツですので、30代や40代の人が履くと若作りしているように思われることもあるかもしれません。ある程度の年齢になったら、テーパードに切り替えるのが無難でしょう。なお、細めパンツはシルエットが命です。アレコレと入れすぎてポケットが膨らむと綺麗な形が台無しになるので注意しましょう。

太目パンツ(レギュラー~ワイド)

カッチリした服装は肩肘張ってる感じやキメすぎな感じがあるので、ラフさやカジュアルさを重視する人には太めパンツが最適です。足のラインは残しつつも適度に幅を持たせたレギュラー、ダボっとしたシルエットが個性を主張するワイドなどから選んでいくことになります。気取らないリラックスしたシルエットは余裕のある印象を醸し出してくれるでしょう。しかし、一歩間違えるとだらしなさに変わるリスクがあるのは太目パンツの注意点です。どこかに綺麗目なアイテムを盛り込むことでバランスを取るのが得策です。例えば、靴をカジュアルなスポーツタイプのスニーカーではなく、シンプルなキャンバス地のものにしたり、カッチリ感のある革靴にするだけでも、印象は大きく変わるはずです。

あなたの頭皮を一番よく知っている存在でである、あなたの担当の美容師さんが「頭皮が薄くなってきています」と言ったら、agaを京都で治療するベストタイミングです。